教育に関わる保育士などの求人ではどう履歴書を書く?

教育系の求人に対策するための秘策

ウーマン

需要は高まっている

安定した仕事に就きたいという人は、その仕事の採用状況や需要がどうなっているかを調べましょう。保育士になりたいと決めているなら、どこで保育士の仕事が求められているのかを知ると仕事を見つけやすいので参考にすべきです。

READ MORE
保育士と子供

環境を考える

乳児院や肢体不自由児施設など、保育士が求められている職場にはいろんなものがあります。児童の力になれるところはたくさんあるので、保育園に縛られることはないのです。長く働くためのコツも知っておくと今後のためになります。

READ MORE
保育園

求職のコツ

求職をする際には、その職場が求める人材と自分のスキルや大事にしたい項目などが合致しているところを探さなければなりません。求人票の見方を慣れることによって、仕事が探しやすくなるのでコツを覚えておきましょう。

READ MORE
家庭教師

教える職業

京都では家庭教師のバイトが多く募集されているので注目です。このバイトも子供と関わる仕事であり、将来大事になる勉強の仕方を教える仕事です。求められるスキルもありますが、大事なのはやる気と教えたいという気持ちだといいます。

READ MORE

人生に役立つ仕事

仕事をしていれば、社会にとって役立つスキルが自然と身につくことがあります。特に教育関係はそうです。人生を生きていく上でもこういったスキルは役立ってきますが、どんな性質を育てることができるのか見てみましょう。

保育士をして身につく社会的スキル!ベスト3

no.1

危機管理能力

保育士をしていると身につく役立つ能力ベスト1は、子供が怪我をしないように部屋や地域の状況を整え、時間管理もできるような危機管理能力です。社会生活を営む上で、立場が違う多くの人が暮らしやすい環境を作ることは大事になってきます。

no.2

表現する能力

様々な人が暮らす世の中ですし、今は価値観も多様化してきています。そんな中で表現力は大事です。保育士は子供の表現能力を育てるために音楽や絵画を使ってスキルを育てるための取り組みをするので、豊かな感性を自ら育てることができるのです。

no.3

応急処置能力

意外と他の社会人が普段の生活において取り組めないのが第三位の応急処置の勉強です。もし子供が怪我をしたらどんな状況になるのか、してはいけないことは何か、すぐに判断できるので園外での事故でもスムーズに対処できるようになります。

ノウハウは知っておこう

男女

きちんと書く

保育士に大事なことは児童の保育に必要な危機管理能力や教育のスキルになります。しかし、そういった能力があることを求職時にきちんと伝えるためには、履歴書をきちんと書き、面接時に熱意を伝えることが大事になります。
保育士の求人を行なっているところに提出する履歴書ですが、意外と見られているのが字です。字を覚えはじめる児童にとってお手本となる字を書けるような保育士が求められているのです。

研修を受けておくと安心

履歴書に書かれている職歴を見ることで、面接官はこの人がどのようなキャリアを積んできたのか、児童の保育を任せることができる人格や資格をもつ人なのかを判断します。そのため、学歴だけでなく職歴も書くようにしましょう。
趣味も教育に繋がる具体例があると好印象になります。こういった情報は講習などで教えてくれるので、家庭教師のバイトでも保育士の求人でも活用できる、派遣登録サイトに登録しておくと講習が利用できます。

広告募集中