需要は高まっている|保育士求人や家庭教師バイトのお役立ちサイト【いい仕事見つかる!】

将来性のあるジャンルの職業で採用を目指すなら保育士に注目

日本の現状

好きな仕事であっても、それ一本で食べていけるか不安、安定してどこでも職につけるような資格が欲しい、今の日本ではそう考えている人が多いにも関わらず、なかなか望む職業につけないという人が多いのです。そんな中注目されているのが保育士なのです。

東京で注目の新開設保育園が多い区

no.1

世田谷区

最も待機児童が多い東京ではありますが、これは人口比に対して保育所が少ないからです。そんな中で、待機児童の解消のために新設の保育所を最も多く開設しているのが世田谷区となっています。この地域では待機児童の数が一番多かったことも一位になった要因の一つです。

no.2

杉並区

この杉並区が新設保育園の数が二位になった理由は、就学前児童の数が急増したことにあります。また、保育士の離職率を下げるための取り組みも区で独自に行なっていることから、保育士の採用にも力を入れている地域であり、保育士が働きやすいといえます。

no.3

江東区

国家戦略特区ということもあり、保育園開設がしやすい環境が整っているため江東区が三位になりました。保育士を確保する取り組みも始まっており、住宅補助が保育士に対して行なわれることが決まっています。そのため、保育士の注目が集まっています。

需要は高まっている

ウーマン

地域別に探していく

日本には過疎地と人口密集地があって、過疎地には基本的に就学前児童の数が少ないという特徴があります。そのため、多くの保育士が東京などのような人口密集地に採用数が多いだろうと考え、職を求めることになるのです。
しかし、地域によって過疎地であっても地方自治体の取り組みによって人口が増えることが予想される土地もありますので、地域別に探す際には地方自治体の取り組みも併せて検討した方が良いです。

職業の将来性

今から保育士になりたいと思っている人は、保育士の就職状況はどうなっているのか気になるところでしょう。
待機児童の数が常に問題になっているため、保育士の需要は常にあると考えられます。また、少子化だからといって保育士の需要が下がっているといえない理由がもう一つあり、それは教育の質の問題です。
少子化だからこそ親は子供の教育に質のよいものを求めます。そのため、これからの保育士には何かプラスアルファの資格が求められるともいえるでしょう。

広告募集中