環境を考える|保育士求人や家庭教師バイトのお役立ちサイト【いい仕事見つかる!】

保育士の求人を募集しているのは保育所だけじゃない

近年は民間への就職も多くなっている

保育士といえば保育園に勤めるというイメージがありますが、保育園でも認可と無認可がありますし、保育士の求人があるのは保育園だけではないのです。ベビーホテルやベビーシッターサービスがありますので、広く考えるようにしましょう。

保育士に人気の就職先とその役割

no.1

保育園

子育てを行なっている人の中でも、労働をしていたり疾病を抱えていたりする人の代わりになって子供を保育する役割をもつのが保育園です。保育士といえばこの施設からの求人が最も多く、また人気の職業となっているのです。

no.2

児童厚生施設

全国には保育園以外にも、子供を保育するための公共施設が存在します。そこからの応募が最も多く、子供に遊びを提案して教育に関わることができる施設でもあるため保育士にも人気があります。就学前児童以外の児童にも関わります。

no.3

乳児院

児童の中でも、乳児の保育をする仕事は人気があると同時に、しっかりとした知識が求められる職業でもあります。特に乳児院では児童福祉法に基づいて運営が行なわれていますので、法令関係の知識も必要になってくる職業です。

no.4

肢体不自由児施設

保育士が必要とされていて、求人数も多い職業となっています。特に全身の運動機能に障害をもつ児童を治療し、教育する目的があるため、特に力のある男性保育士が求められています。もちろん女性保育士も多く求められている職業です。

no.5

母子生活支援施設

公共の施設での求人は、収入も安定していることから人気があります。その中でも母子生活支援施設がありますが、児童だけでなくその母親に対する取り組みも行なう施設となっているため、支援についてのカリキュラムを勉強する必要があります。

環境を考える

保育士と子供

働きやすい場所を探す

保育士の働く場所というものは保育園だけでなく様々なところがあります。そういった選択肢を知っているのと知らないのとでは、求人の選び方に差が出てくるので注意しましょう。
誰にでも向き不向きがあり、無理をして働いてもキャリアアップも考える余裕も出ません。自分で経験を踏まえ、どこに自分が合う求人があるのかを考えるのはとても大事です。

プライベートも充実させる

保育士の求人に応募し、いざ働くとなったときには自分で長く働くことができる環境を作る必要があります。
キャリアを考えて働く場所を変えるのも良いですが、生活を安定させるためにも同じ仕事場で仕事をしたほうが良いからです。
長く働くなら、休みをきちんととることも大切です。休日に関してきちんと規定がある求人を調べて、働いたときには休みを取りたいなら早めに周囲に相談するようにしましょう。

保育園での仕事分担を理解する

保育士の求人内容で、補助要員が募集されることがあります。最初から一括で担任として募集されることもありますが、働く際のコツとしてはこの役割分担をしっかり意識することが大事です。
リーダーである担任の役割はそのクラスを統率することで、補助の役割は漏れがないように児童に行き届いた保育を提供することにあります。

広告募集中