求職のコツ|保育士求人や家庭教師バイトのお役立ちサイト【いい仕事見つかる!】

保育園の求人を探す際にはコツがある【求職票をチェック】

求職のコツ

保育園

イメージとぴったりの職場

働いてみたとき、イメージと違うとがっかりしてしまいますし、その保育園が求めている人材と自分は違ったということで引け目に感じてしまうこともあるかもしれません。
そうなると保育園と保育士両方にとって良いことではありませんので、求職時に自身に合った職場を知るためにも求職票を見るコツは知っておきましょう。

チェックすべき項目

保育園に限らず、求人では全ての人が給与をチェックします。給与だけでなく、給与形態も基本給なのか固定給なのかを調べておくと良いです。雇用保険料の差引金額も同様に確認が必要です。
また、保育士は残業が多いことでも有名な職業ですが、残業手当が固定性なのかみなし労働時間制なのかもチェックすべきでしょう。
その他にも、求人内容を非公開にしているところもたくさんあるので、サイトを見ながら求職する際には会員登録をしておいたほうが有利です。

保育園で働くための質疑応答集

保育士と幼稚園教諭ってどう違うの?

保育園では幼稚園に通う年齢の児童も通うことがあるので、勘違いしやすい人も多いですが幼稚園教諭の資格と保育士の資格は全く異なります。保育士になるには保育士試験に通ることが必要になってくるので覚えておきましょう。

保育士に復職したいんですが…

保育士になる人には女性が多いですが、出産と子育てを経て求職する人もいます。ブランク後の復職で注意すべきことは法律の改定や保育園の役割を改めて確認することです。医療の知識も変化するので、今のスタンダードを勉強しておきましょう。

未経験でも大丈夫でしょうか

保育園での仕事には保育士以外にも用務員などがいますので、そういった人でも保育園で働くことができます。保育士未経験でも募集がある場合、そこでは異業種の経験をした人ならではの発想が求められていることを理解しましょう。

保育士に向いている人っていますか

子供が好きというだけでは続けていけないのが保育士という職業です。向いているのは第一に体力がある人といえます。また、何事もポジティブに考えられる人、そして子供の変化を繊細にキャッチできる人も向いているでしょう。

求職に有利な時期ってありますか

公立の保育園に就職したいのであれば、6月頃から募集をチェックしておきましょう。その時期を過ぎると無認可や他の教育機関、民間のサービス機関で募集が行なわれてくるため、時期によって求人が多い職種が違ってくるといえます。

広告募集中