教える職業|保育士求人や家庭教師バイトのお役立ちサイト【いい仕事見つかる!】

教えることを好きな人がバイトをするなら家庭教師がベスト

教える職業

家庭教師

学力やスキルは募集する場所による

学生ができるバイトとしては家庭教師が有名ですが、京都で家庭教師のバイトをしたいと考えている人はどんな仕事なのか事前に明確にイメージできるようにしておきましょう。
まず、気になることが求められる学力ですが、それは京都でバイトを募集しているところによって違ってきますので、逐一確認が必要です。受験対策をするところであれば相当な学力が求められてきます。

登録をする

家庭教師のバイトを京都で一人で探すとなると、思ったよりも教わりたいという生徒が見つからないので、たいていの人は家庭教師の登録サイトに登録をします。
登録して採用となると、生徒とのマッチングが行なわれますので、得意科目を伝えましょう。学生の場合は空いている時間をしっかり伝えることが大事です。

大事なのはやる気とスキル

大学受験など、難易度が高い勉強を教えること以外で家庭教師に求められてくる素質といえば、やはり教えるスキルです。勉強ができてもきちんと生徒に身につく教え方ができなければ結果はついてきません。やる気があれば、指導する力はついてくるでしょう。

家庭教師の面接で気をつけるべきことベスト5

no.1

面接の時間に遅刻しない

一番簡単にできそうで、意外と多くの人ができていないのが時間厳守の考え方です。まずこれができないと家庭教師のバイトには受からないと考えるべきです。登録センターへの苦情でも多いのが遅刻する教師となっています。

no.2

挨拶をきちんとする

家庭を訪問して教えるのですから、親はきちんとコミュニケーションができる人を家庭教師に求めています。そのため、家庭教師登録会社でも、面接者が面接会場や外で挨拶をきちんとできるかどうかをチェックしているのです。

no.3

志望動機を明確にする

面接で三番目に面接官が大事にしている点といえば、志望動機です。動機がしっかりしていても、教育に関連することではないならイメージダウンになりますので、「教えることが好き」「子供の力になりたい」などといった動機を伝えましょう。

no.4

身だしなみを整える

実際、バイトをする際の服装にはこだわらないという家庭教師登録会社が多いのですが、やはり面接時にはきちんとした格好をしていくことが大事になってきます。多くの人が面接時にはスーツで訪れるので、前もって準備しておきましょう。

no.5

仕事をしたときのシミュレーションをする

面接時に注意しておいたほうが良いことの五位には、実際に働いた場合に具体的な対策をもっておくことがあります。面接時には質問をされたときどう答えるかなどの具体的なシチュエーションを聞かれることもあるからです。

広告募集中